募集

Join Us

板倉の宿 種蔵は「たねまくひとの会」が運営しております。
当会は種蔵での新しい交流の場づくりや、種々イベント等の活動も推進しています。

わたしたちの活動は皆様のお支えにより成り立っています。
会の趣旨をご理解いただき、活動にご協力いただけることに感謝いたします。

なお、現在、会の趣旨をご理解いただける方で、宿での調理接客業務に従事する非常勤スタッフ、
ないし調理接客含む宿施設の運営業務全般に従事していただけるスタッフ(常勤・非常勤は相談による)、
を募集しております。
有志の方はどうぞお問い合わせください。

たねまくひとの会 概要

物の豊かさの時代にあって、心は満たされず不自由に感じることの多い時代です。ひたすらに便利、安全、効率をヨシとして進む近代化によって、果たして人は幸せになってきたのでしょうか?疑問に感じざるを得ません。技術革新のウラで、人の暮らしは自然から離れ、自然が破壊されてきたことに気を留める必要があります。このままでは地球がもたないのではないか、誰しもどこかそのような不安を抱えて生活していないでしょうか。

いま、社会の方向性が問われている転換期にあるように感じられます。まず原点に立ち返って、ありのままで美しい自然の働きと調和に学び、自然に生かされていることを感じ、謙虚な気持ちをもつ、ことが大事だと思います。そして、物の豊かさでなく心の豊かさ、精神の自由を求めて、自己の内なる良心に従って行動し、人生旅路を歩むことができればと思います。その旅路の途上で、価値観の異なる多種多様な人とぶつかり交流することによってこそ新たな気づきと活力が得られ、成長に繋がると信じています。

日本の原風景のような景色が残る種蔵。山里の暮らしは、山の恵みに支えられた暮らしであり、無駄なものやゴミというものが何もない、あらゆるものが肥料・資源となり自然と生き物を育む、循環型の暮らしであったはずです。そのような暮らしと知恵を私たちはもう一度学び、現代に生かすことはできないだろうか?

この会は、よりよい未来を次世代に残すためのたくさんの試みのタネをまく活動をしたいという想いから生まれました。この会は、「循環型社会を作る」をめざし、古き良き日本の暮らしの知恵や技術を学ぶことを起点として、地域内でヒト・モノ・エネルギーが無駄なく健やかに循環する場づくりに取り組みます。これにあたって、考え方の異なる様々な人と自由で率直な意見交換・交流に取り組み、得られた成果は広く情報発信して公益に資することをもって、その役割を全うしたく思います。
                                                                                                            たねまくひとの会 代表 掛川晋司              Assosication of 'Tanemaku' People (TANEMAKU)